中1 疑問詞

疑問詞の練習問題

スマホ・タブレット・パソコンでできる穴埋めと並べかえの2種類の問題を用意しました。
100%攻略を目指しましょう!
予習の方は下の解説を読んでから問題に取り組もう。
復習の方は問題をやってみてわからないことがあれば下の解説を読んでみよう。

穴埋め問題
選択形式の穴埋め問題です。ランダムに6題出題されます。

並べかえ問題①
疑問詞の並べかえ問題①。ランダムに5題出題されます。

並べかえ問題②
疑問詞の並べかえ問題②。不要な語もありますので、①より少し難しいです。ランダムに5題出題されます。


疑問詞って?

what , when , where , which , who , whose , why , how の8つの単語を 疑問詞 といいます。
まずは8つの疑問詞の意味を覚えましょう。
what (何、どんな)
when(いつ)
where(どこ)
which(どちら、どれ)
who(だれ)
whose(だれの、だれのもの)
why(なぜ)
how(どう、どんなふうに)

2語でセットになって使われる疑問詞もあります。
what time(何時に)
what day(何曜日)
how many + 名詞の複数形(いくつ)
how old(何歳)
how much(いくら)
how about(~はどうですか)
how long(どのくらいの長さ)
what + 名詞(どんな名詞、何の名詞)
which + 名詞(どちらの名詞)
whose + 名詞(だれの名詞)

疑問詞の例文

疑問詞はその名のとおり疑問文で使われます。
疑問文で使われるとき、疑問詞は文の先頭に置かれます。
疑問詞の後は通常の疑問文と同じ語順です。
つまり、be動詞( am , is , are )のある文では、be動詞が主語の前に出されますし、
一般動詞の文では、主語の前にdo(does)が置かれます。
疑問詞の疑問文は、yes / no では答えません。
通常の疑問文と違い最後を上げて聞きません。
例)
What is this?「これは何ですか」
ー It is my eraser.「それは私の消しゴムです」

When is your birthday?「あなたの誕生部はいつですか」
ー It’s June seventh.「6月7日です」

How do you come to school?「あなたはどうやって学校へ来ますか」
ー By bike.「自転車で来ます」

What do you do after dinner?「夕食後にあなたは何をしますか」
ー I do my homework.「私は宿題をします」

What subject do you like?「あなたはどんな教科が好きですか」
ー I like English.「英語が好きです」

How many cats do they have?「彼らは何匹のネコを飼っていますか」
ー They have three cats.「彼らは3匹のネコを飼っています」

Which does Hiroki play, soccer or baseball?「ヒロキはサッカーと野球のどちらをしますか」
ー He plays soccer.「彼はサッカーをします」

疑問詞が主語になるとき

主語をたずねる疑問文を作るときは、
疑問詞を主語の位置に入れて肯定文と同じように文を作ります。
ただし、最後は.(ピリオド)ではなく?(クエスチョンマーク)にしてください。
↑こんな説明だと何のことかわからないと思いますので例文を見てください。
例)
Who plays basketball?「だれがバスケットボールをしますか」
ー My sister does.「私の姉です」

What is in this box?「この箱には何が入っていますか」
ー My book is.「私の本です」

疑問詞は三人称単数扱いですので、
be動詞は is を使い、一般動詞には -s がつきます。
答え方にも特徴があり、上の2つの例だと、
“It is my sister.”や”It is my book”と答えたくなるのは分かりますが、残念間違いです。
本当は”My sister plays basketball.”や”My book is in this box.”と答えるべきところを省略した形で答えます。
一般動詞は plays ではなく does となっているところもミソ。
一般動詞の時は答える際は、主語に応じて do もしくは does を使います。

関連記事

  1. 中1 be動詞

  2. 中2 未来形

  3. 中1 一般動詞

  4. 中1 be動詞の過去形

  5. 中1 一般動詞の過去形~肯定文~

  6. 中2 比較級・最上級②