中2 不定詞

不定詞の練習問題

スマホ・タブレット・パソコンでできる並べかえの問題と選択問題を用意しました。
100%攻略を目指しましょう!
予習の方は下の解説を読んでから問題に取り組みましょう。
復習の方は問題をやってみてわからないことがあれば下の解説を読んでください。

並べかえ問題
ランダムに5題出題されます。

ここが2年のがんばりどころです。
to + 動詞の原形 ”の形を不定詞(ふていし)と呼びます。
不定詞には、副詞的用法名詞的用法形容詞的用法の3つの用法があります。
いやー、いかにも難しそうな名前で楽しくは…なりませんね。
用法は使い方のことで、まあ、意味が3つあると思ってください。
いまからそれぞれについて説明していきます。

副詞的用法

副詞的用法とは、” to + 動詞の原形 ”で副詞みたいな働きをするということで、
「~するために、~して」と訳します。
副詞は、主に動詞を修飾(詳しく説明)します。
副詞についてもっと知りたい人は、こちら を見てください。
例)
「~するために」のパターン
I got up early to run in the park.「私は公園を走るために早起きをした」
He went to Canada to study English.「彼は英語を勉強するためにカナダに行った」
I usually go to the library to study.「私はたいてい勉強するために図書館へ行く」
She uses the Internet to read English news.「彼女は英語のニュースを読むためにインターネットを使う」
I came here to help you.「私はあなたを手伝うためにここに来ました」

「~して」のパターン
I am glad to see you.「私はあなたに会えてうれしいです」
I was surprised to hear the news.「私はそのニュースを聞いて驚いた」
I am sad to know that.「私はそれを知って悲しいです」
例文を多く載せてみました。だいたいのイメージがつかめたでしょうか。

名詞的用法

名詞的用法とは、” to + 動詞の原形 ”で名詞みたいな働きをするということで、
「~すること」と訳します。
名詞についてもっと知りたい人は、こちら を見てください。
例)
主語になるパターン
To study math is important.「数学を勉強することは大切です」
To read these books is interesting.「これらの本を読むことは面白いです」
To speak English is difficult.「英語を話すことは難しい」
※賢明なあなたはお気づきでしょう。”to+動詞の原形”は単数あつかいです。だからisを使ってるんですね。

動詞+to ~ で覚えたほうがいいパターン
I want to speak English a lot.「私は英語をたくさん話したいです」
He wants to be a teacher.「彼は先生になりたいです」
What do you want to be?「あなたは何になりたいですか」
I like to travel.「私は旅行をすることが好きです」
I tried to get up early.「私は早起きをしようとした」
このパターンとしては、
want to ~「~したい」
like to ~「~することが好き」
try to ~「~しようと努める」※try ~ingは「試しに~する」です
need to ~「~する必要がある」
start(begin) to ~「~し始める」
hope to ~「~することをのぞむ」
くらいを覚えておけば完璧でしょう。

形容詞的用法

形容詞的用法とは、” to + 動詞の原形 ”で形容詞みたいな働きをするということで、
「~する、~すべき、~するための」と訳します。
形容詞は、名詞を修飾(詳しく説明)します。
形容詞についてもっと知りたい人は、こちら を見てください。
3つの用法の中で一番混乱するのが形容詞的用法ですので、がんばってください。
例)
This city has a lot of places to visit.「この市には訪れる場所がたくさんある」
I have a lot of things to do.「私はするべきことがたくさんある」
I want something to eat.「私は何か食べるためのものが欲しい」

不定詞は動詞が2つ出てくるぞ

不定詞の文は、メインの動詞と不定詞の動詞と2つ動詞が出てくるので、
その文の骨格(メインの主語と動詞)を理解することが重要です。
I got up early to run in the park.「私は公園を走るために早起きをした」
この文の骨格は「私は早起きをした」です。
日本語は動詞(述語)が一番最後にくるのでそれを意識しましょう。
決して「私は走った」が骨格ではないことがわかると思います。
英語の文を作るときは、まず、文の骨格をいいます。
「私は早起きをした」 → I got up early.
で、「公園を走るために」をつけくわえます。→ I got up early to run in the park.
不定詞は日本語に訳せて、並べかえができればクリアです。
並べかえ問題をしっかりやって不定詞をマスターしてください。

関連記事

  1. 中1 名詞

  2. 中1 一般動詞

  3. 中3 現在完了形

  4. 中1 現在進行形

  5. R-1 ヨーグルトの作り方

  6. 中1 三人称単数現在形~肯定文~